北日本銀行の詐欺対策

金銭絡みの詐欺はとても多いです。相手を巧みに騙して金融機関から預金を引き出させる詐欺が多く、オレオレ詐欺からサイバー攻撃まで様々な手口で被害が出ています。北日本銀行も様々なセキュリティ対策を施していますが、どんどん新しい手口の詐欺が生まれていくので、金融機関だけでなく利用者も慎重に対応する必要があります。とくに最近は金融機関のインターネットバンキングを狙った詐欺が増えています。

北日本銀行のインターネット支店はウイルス対策ソフトの無料配布、取引確認メールの送信などの詐欺対策をおこなっています。ウイルス対策ソフトとは、パソコンに感染して個人情報などのデータを盗み出すウイルスの検出などをおこなうもので、たとえばインターネットバンキングのログイン画面から暗証番号が流出するのを防ぐことができます。ウイルス対策ソフトには多くの種類があり、有料のものから無料のものまで様々ですが、複数のソフトを入れると互いに効果を相殺してしまう恐れがあるので、1つだけ導入するのがオススメです。

取引確認メールの送信とは、振込などの取引をおこなう度に確認のメールが届くサービスで、不正送金など身に覚えのない取引があったときにすぐ気づくことができます。ただし北日本銀行を装ったメールが送られてくる可能性もあるため、怪しいメールの添付ファイルは開かないようにしましょう。添付ファイルを開かせたり、偽の銀行サイトに誘導させたりしてウイルスに感染させる手口が多いのです。

北日本銀行のウェブサイトでは、振込限度額を引き下げて不正送金の被害金額を抑える方法が紹介されています。しかし最近は相手を誘導して振込限度額やキャッシュカードの引出限度額を上げさせる手口が増えているとのことなので油断は禁物です。インターネットバンキングのようなオンライン取引を始めるときは、詐欺対策に関する知識を仕入れてから利用しましょう。