北日本銀行の魅力的な商品

亀有信用金庫の人気な個人向けサービス

昭和信用金庫を便利でお得に使う方法

枚方信用金庫の魅力的なサービス

安心で便利でお得な秋田信用金庫

充実したサービスが特徴の沼津信用金庫

使いやすくてお得な徳島信用金庫

地域に密着した世田谷信用金庫のサービス

使いやすくてお得な徳島信用金庫

徳島信用金庫の目的型ローン

金融機関では、特定の資金使途にしか利用できない目的別ローンを取扱っています。目的別ローンには住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど様々な商品が含まれ、ライフイベントの資金調達に欠かせません。徳島信用金庫でも目的型ローンと称して、マイカーローンや教育ローン、リフォームローンなど様々な目的別ローンを提供しています。

徳島信用金庫の目的型ローンの中で注目が高まっているのは、空き家解体ローンです。所有する空き家の解体費用を借りられる個人向け融資商品で、他の金融機関や信販会社で契約した融資の借換資金や繰上返済手数料も借りることができます。空き家解体は一見面倒に感じられますが、更地にすることで土地が売却されやすくなり、空き家解体することで譲渡所得に特別控除が適用されるというメリットがあります。そのため空き家解体ローンを利用しても、売却による利益を返済資金に充てることが可能です。

徳島信用金庫では高齢化社会に合わせて、しんきん福祉プランという商品も提供しています。しんきん福祉プランでは主に介護費用を借りることができ、介護機器の購入と設置費用、老人ホームの入居一時金などを調達できます。一般的な介護費用は月々7万円ほどで、それ以外にリフォームや介護機器購入などの初期費用が平均して90万円近くかかりますが、しんきん福祉プランの利用限度額は500万円なので難なく借りることができます。もっとも厚生労働省の調べによると介護生活は平均7年ほど続くため、トータルでは800万円近い介護費用が必要です。あらかじめ預金商品や保険商品を活用して介護資金を蓄えておきましょう。

徳島信用金庫の目的型ローンは便利な一方で、専業主婦や年金受給者、非正規雇用の利用者は利用しにくいというデメリットがあります。そのためそういった利用者が資金調達を行う際は、カードローンやシニア向け融資商品を利用するとよいでしょう。これらの融資商品は目的型ローンに比べると店頭表示金利が高く、返済額がかさみやすいというリスクがありますが、目的型ローンが利用できない利用者でも借入できます。